忍者ブログ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
(10/11)
(06/24)
(06/19)
(10/08)
(10/06)
最新記事
プロフィール
HN:
みるもり 
HP:
性別:
女性
職業:
事務/信販系:入力・検索業務
趣味:
読書*散歩*料理*風呂*
自己紹介:
大阪の空の下、炊き立てごはんのにおいは流れる。
おひとり様がお得意の既婚者☆
関西弁上達しない埼玉県出身者。
ゆるゆる冷えとり、
ぼつぼつヨギーニ、
そこそこジム行って、
そんでもって炭水化物をあいしてやみません。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1512] [1511] [1510] [1509] [1508] [1507] [1506] [1505] [1504] [1503] [1502]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おりしも「下流の宴」の再放送(一話毎)のあとに、向田邦子ドラマ「阿修羅のごとく」が一挙再放送していたのには息を飲みましたね。
(けっこう簡単に息を飲みますね、私)

夜更かしパラダイスになってまうから、さすがに視聴はしなかったけど。

なにを隠そう私「阿修羅のごとく」DVD持っておりますからね。新潮文庫もあります。
爆笑問題の太田が無類の向田ドラマ好きなんだけど、その昔NHK教育で彼が推してたのがこのドラマ。
名シーンだけ編集されて小出しにされて俄然通しで見たくてたまらなくなってしまったのよね…。
再放送されるまでが長かったので購入したものの、やるとわかっていれば買わなかったぜ…まぁ結果オーライですけどっ! 


で!
放映から遅れながらもあらためて鑑賞することに。
やってたっていうことを思うと無性に見たくなるのはなぜなのかしら。
(それまで片隅に並んでいたのに)

豪華な出演陣。若かりし女優たちは日本の美をたたえ、往年の俳優たちは凄味ある動き。なにせ八千草薫で加藤治子でいしだあゆみで風吹ジュンですからね。
佐分利信なんて貫禄が違う。
脚本はもちろんおもしろおかしく滑稽で、人間のエゴが真っ正面からぶつかり合う。いっぱしの大人が空回りしてあわてふためく。これぞ向田ドラマの真骨頂。(っていうほど数見てるわけではないのですが)

みんなそれぞれの生活がありながら、老いた父親の不貞を皮切りに、母親への共感…気をもむ姉妹、おろおろする男…。

そこに打楽器が印象的なトルコの軍楽がかさなる。

効果的な演出がさえざえとするんだけど、後で気付いたら、えっ和田勉ですか!っていう…。

思えばこうしたことはある。むかしそれとなく見聞きしたものが実はそうそうたるメンバーで構成されてた!みたいな。
(荒井由実とキャラメルママの組み合わせとかね)


いや……
しかしながら歳相応じゃあないよな。好みがね。玄人?


もっとこういうドラマ観たいな…。
とりあえず「下流の宴」からの流れを汲んで黒木瞳が八千草薫の配役になる映画版の「阿修羅のごとく」はやっぱりみておこうかしらね…。深津絵里も出てるしね。

うん、テレビけっこう好きなんですよ。NHKばっかしかもだけどさ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
京都三条に、ユーミンの曲しか流さない「キャラメルママ」ってbarがあるよ。少なくとも大学時代はあった。今もあるかな?
たれひよ。 2011/07/22(Fri)00:57:13 編集
無題
移転してるけどまだあるみたい。
たれひよ。 2011/07/22(Fri)01:01:05 編集
むはは
たれひよ先生はわたくしがなにかについて熱く語るのがお気に召さないのかしらねー。消火器かけるようなコメント率高いですよ。そこがたれひよ先生がたれひよ先生たるたるゆえんでしょうけどね。
そしてわたくしがなにかに熱く語ると我ながらうるさい(笑)

ところで京都のキャラメルママですが有名ですね。
ある程度上の年齢層にユーミンの話すると、行ったことある?って聞かれます。
行ったことはないよ。


わたしは往々にしてそうなんだけど、あんまりなにかの「好き同志」の集まりっていうのは得意ではないのよう。たとえば「どうでしょう」だって、初対面のどうでしょう藩士と末長くお付き合いは困難じゃないかな…。
好きなものはきわめて個人的に愛でます。執拗に。

はっ長い。
みる 2011/07/24(Sun)00:11:37 編集
無題
いや?熱く語られるのすきよ?
情報提供が好きなだけかも

消化器かけてたら申し訳ないm(__)m
たれひよ。 2011/07/24(Sun)01:40:30 編集
なんつーか
いや、ええと難しいとこだけど…熱苦しい本文とたれひよ先生のコメントのツボのズレに失笑する率が高いっていうか。
みる 2011/07/24(Sun)01:57:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]