忍者ブログ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
(10/11)
(06/24)
(06/19)
(10/08)
(10/06)
最新記事
プロフィール
HN:
みるもり 
HP:
性別:
女性
職業:
事務/信販系:入力・検索業務
趣味:
読書*散歩*料理*風呂*
自己紹介:
大阪の空の下、炊き立てごはんのにおいは流れる。
おひとり様がお得意の既婚者☆
関西弁上達しない埼玉県出身者。
ゆるゆる冷えとり、
ぼつぼつヨギーニ、
そこそこジム行って、
そんでもって炭水化物をあいしてやみません。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1511] [1510] [1509] [1508] [1507] [1506] [1505] [1504] [1503] [1502] [1501]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

NHKドラマ「下流の宴」は「リンカーン」のウラながらもエンケン出演ということもあってけっこうしっかり見ました。
原作:林真理子なだけあってなかなかハードな内容で身につまされたりなんかして。

あらためて、しあわせって多様だ。
経済力上しあわせ、とか
ステータス上しあわせ、とか
そんなん安住していられる世相じゃないし
不断の努力が必要なんだよなー。

不断の努力のなかで淘汰されずにやってけるひとは、やっぱり限られてる。しゃかりき熱心に努力して情熱の炎を絶やさない、そんなエネルギーは
成人して、社会人なったら、やっぱり悲しいかな…
ほかで消耗されちゃってんのよね。

ドラマでは黒木ママが
子犬みたいな瞳の息子(フリーター)に
医者になれだの大検受けろだの言うけど
もう彼は努力のむなしさだけを体得しちゃってる。
その彼女(こちらもフリーター)は黒木ママに息子くんとの結婚を認めてもらうために医大受験するんだけど、
このへんの無鉄砲さがむしろ美しい。
で、受験のカリスマで黒木ママの同級生でもあるエンケンが登場するんだけど、このふたりの生い立ちからの葛藤もあり。


単純にエンケン目当てなだけだったのに…しっかり鑑賞しちまったぜ。

エンディングの映像が印象的。
少年が小さな芽の出た植木鉢を持って駅のベンチで座ってるってだけなんだけど、
無数の乗降客のなかで虚無や孤独をひきたてられてるような…なんかこうドラマで終わらせない、現実と隣り合わせである装置みたいな役割っぽく。
また駅舎が海に近く、背景にはコンビナートが見える設定。


うわ、どこの駅っ?
(けっきょく乗り鉄発言)


エンディングの曲もざらっとしたロックで印象的。っていってもサビのベースラインだけくっきり耳に残って
きょうは一日頭んなかそれヘビロテ。


え?
しっかりはまってたっていうんだよーそれは?
うん。でももう終わっちゃったしね……。
リンカーンのCMのあいだチラチラ、じゃなくもう少し見ても良かったかもね…っていう。

まあまたNHKさんのことなので大盤振る舞い一挙再放送するだろー…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]