忍者ブログ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
(10/11)
(06/24)
(06/19)
(10/08)
(10/06)
最新記事
プロフィール
HN:
みるもり 
HP:
性別:
女性
職業:
事務/信販系:入力・検索業務
趣味:
読書*散歩*料理*風呂*
自己紹介:
大阪の空の下、炊き立てごはんのにおいは流れる。
おひとり様がお得意の既婚者☆
関西弁上達しない埼玉県出身者。
ゆるゆる冷えとり、
ぼつぼつヨギーニ、
そこそこジム行って、
そんでもって炭水化物をあいしてやみません。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[820] [819] [818] [817] [816] [815] [814] [813] [812] [811] [810]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年末になると、

今年も本を読んでない!!
って
毎年毎年焦って
読みやすい本に逃げるんだけど。
(おかしいな入院中結構読んだ気がするのにな)

今年も村上朝日堂にはお世話になってます。
何年か前にも12月に朝日堂を3冊駆け込むように読んだっけな…。

まあ…そんなものは読書とは言わないわな…。

そんななかたまたま週末に、
未読の

「海辺のカフカ」
もちろん村上春樹さんでございます


本棚に見つけて読みはじめた。

ほかの彼の小説とは違う。と感じたのは…主人公が少年だからかな?
どこかしら開かれた感じのはじまりかた、だなと思えた。

で、まあ吸い込まれるように読んでおりましたこの数日。

こんなふうに本を読むのは久しぶり。

仕事でパソコン使うから文字読む気になかなかなれないんだ。この頃。

でもね。
確実、に
仕事とも
おうちのこととも
断絶 するような、物語力
がある小説ならば

それは読む価値がある。

単調な毎日を区切る、栞。

緩慢な毎日への警鐘。

新しい明日の活力。

そういうものになりうる本、を読む事が
真に血となり肉となる読書です。

好みはあれど
そういう読書がしたいわね。
べつになに学習するでなくても
自分のスウィッチとして作用するならさ。

とはいえ村上春樹さんたら
物語にひきつけるためとはいえど、
なんであんなにどーでもいいよな本筋とは一見無用な感じのエピソードを
あちらこちらに撒き散らしているんだろ。

気になって気になって仕方ない。

思うつぼ、ですよ…。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]