忍者ブログ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
(10/11)
(06/24)
(06/19)
(10/08)
(10/06)
最新記事
プロフィール
HN:
みるもり 
HP:
性別:
女性
職業:
事務/信販系:入力・検索業務
趣味:
読書*散歩*料理*風呂*
自己紹介:
大阪の空の下、炊き立てごはんのにおいは流れる。
おひとり様がお得意の既婚者☆
関西弁上達しない埼玉県出身者。
ゆるゆる冷えとり、
ぼつぼつヨギーニ、
そこそこジム行って、
そんでもって炭水化物をあいしてやみません。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1527] [1526] [1525] [1524] [1523] [1522] [1521] [1520] [1519] [1518] [1517]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

帰りの電車のなか。
なんだか眠れない。きょうは。

明日のことを考えている。

たぶん来週の仕事帰りには
いま「明日のこと」
って思っていることを思い出してる。

そう考えながら明日のことだけに思いを馳せている。

たくさんいろいろ想像力を働かせて、期待したりしている。

どうやって明日にたどり着いているかを考えている時間は
たぶん本番のまっただ中の明日より楽しいし
ふくらんだイメージは
明日の自分を楽しくさせるだろう。

そんな待ちに待った明日の自分なんだけど
それが終わっちゃったらまた普通すぎる普通の毎日が来ちゃうのが
早くもこわくて、もうずっときょうでいいんじゃないかしらって思ってたりもする。

モラトリアムみたいだなー。

どんなに楽しい時も過ぎてしまうのを知って
過ぎてしまうのを見越してたっぷり楽しめたらって思う。

もしかしてもしかするとこれは人生の真理なのではないかしら。



そのむかしの自分が
「明日」と思って向かってたのは、
どの時期の自分だろう?

親元離れた大学生活かしら?
ちいさな小説の賞を盾に大学受験合格した頃かしら?

結婚するって決まって準備してた頃かしら?


いまのわたしが
それらの時期のわたしに
具合どう?とうかがうと
それぞれの自分がまたもっと別の「明日」のことを見ている。
いまのわたしよりもずっとひたむきな眼で。


自分に「明日」があるっていうイメージができること自体に、ちょっとばかり遥かなるものを感じる。
それがとりあえずなんとかかんとか今日まで続いてきたっていうのが、単純にすげーなーって思う。
もちろん普通に、それからこの上なく幸福なことなんだけど。

これが「夢」の一部なのかな?

まだまだ「夢」って見られるのかなあ………。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]