忍者ブログ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
(10/11)
(06/24)
(06/19)
(10/08)
(10/06)
最新記事
プロフィール
HN:
みるもり 
HP:
性別:
女性
職業:
事務/信販系:入力・検索業務
趣味:
読書*散歩*料理*風呂*
自己紹介:
大阪の空の下、炊き立てごはんのにおいは流れる。
おひとり様がお得意の既婚者☆
関西弁上達しない埼玉県出身者。
ゆるゆる冷えとり、
ぼつぼつヨギーニ、
そこそこジム行って、
そんでもって炭水化物をあいしてやみません。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1394] [1393] [1392] [1391] [1390] [1389] [1388] [1387] [1386] [1385] [1384]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「なつかしい」っていう感情は意味深いものがある。

歳のせいか年々その思いは強くなる。

10歳で感動したものを
20歳でふたたび見直して、別の発見と、当時の愛着を思い出す。
それまでの経験が重層の感情を呼び起こして、蓄積される。10歳の嗜好の上に20歳の嗜好が成立しているという事実に、純粋に、驚くのだ。

…なんていうと難しいけど、たとえばユーミンを聴いて育ったら、やっぱり細野晴臣を聞き流せはしないさ…!みたいな、ね。

(補足:荒井由実初期の編曲は細野晴臣率いるバンド…っていうかわたしいくつなの)

りぼんで本田恵子読んで育ったら西條八十や新川和江の詩に、はっ!としちゃうとか。

(補足:西條と新川は師弟関係で本田恵子は作中に詩歌を多用している…)

トリビア自慢かよ!
マニアめ!

まあ、創作上関連性あるアーティストが数珠つなぎになるってことはあると思う。
ボニーピンクすきならカーディガンズもすき、みたいなさ!(プロデューサーが同じ)

とにかく…
自分が忘れない情景や音楽は、あとでまた愛される、さらに味わい直すためのものなのではないか…と…

えー…
うまく言えません。けど。

わたしたちは回想しながらも前に進んで生きている、というのが、ひとつの希望のかたち…なんじゃないかな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]