忍者ブログ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
(10/11)
(06/24)
(06/19)
(10/08)
(10/06)
最新記事
プロフィール
HN:
みるもり 
HP:
性別:
女性
職業:
事務/信販系:入力・検索業務
趣味:
読書*散歩*料理*風呂*
自己紹介:
大阪の空の下、炊き立てごはんのにおいは流れる。
おひとり様がお得意の既婚者☆
関西弁上達しない埼玉県出身者。
ゆるゆる冷えとり、
ぼつぼつヨギーニ、
そこそこジム行って、
そんでもって炭水化物をあいしてやみません。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[1400] [1399] [1398] [1397] [1396] [1395] [1394] [1393] [1392] [1391] [1390]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

傷つくっていう感情にも

それまでの経験が重層の感情を呼び起こして、蓄積されているのだろうな。

でも
傷つけられた、という意識ばかりでいたり
傷ついた分べつのことで埋め合わせたり
なかなか
10歳の悲しみの上に20歳の傷が成立しているという事実には、純粋には、気付くことができない。

わたしだけか?

誰かしらに言われたことに傷つく自分が
なぜ、その言われたことによってそこまでに傷つくのか
その痛みの根源まではたどらない。そこまで向き合わない。

たいしたことじゃあないさ、とか。
ただ弱いだけなのかもってちいさくなったり。


弱い自分は
どう弱くてどう逃げてるか
もつれてる考えをほぐして
認めてあげれば
外敵の対処もかわるのかもしれないと思える。

それは遠回りでも
歳を重ねたせいか、その道をたどるのが結局はやいのでは、と思える。

いろんな角度の自分の容量を把握しておくのは
来るべきときの備えになるんじゃないかしら。
なんて。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]